禁煙すると禁断症状が出るとされており、その為に禁煙を失敗する人が多くなっています。

禁煙のススメ

禁煙後に襲う禁断症状

禁煙後に襲う禁断症状
タバコを禁煙するにあたり、中途半端な決意で禁煙すると絶対に禁煙することはできないと言います。これは禁煙すると、ほとんどの人間に訪れる禁断症状(離脱症状)が原因です。

禁断症状については個人差がありますが、禁煙を始めた初日から禁断症状を感じる人もいますが、3日目くらいから禁断症状を感じる人もいます。

おおよその期間で2週間から3週間は続くと言われています。
その後、不定期にタバコの事を考えたり、ちょっと吸いたいという衝動に駆られるてしまうことがあります。タバコを辞めるには気を緩めないことが大切になります。

禁断症状として一番多いのは「イライラする」という症状です。
この症状が禁煙を一番断念させやすい症状とも言われていて、禁煙をする上で一番最初にあたる壁です。

この壁を乗り越えた人の成功例としてはひたすら深呼吸を繰り返したり、喫煙者の側には極力近づかないようにしたり、自らあえて吸えない環境に身を置いたりするなどがあります。

その為、壁を乗り越えるには我慢や忍耐ということがとても重要になってきます。

その他で、禁断症状として多いのは集中力が散漫になり仕事にミスが出たり、夜はタバコの事が頭から離れないことで快眠することができずに日中眠気が襲ってくる、頭痛、などさまざまなものがあります。

禁煙するには強い意志が必要

禁煙するには強い意志が必要
身体の健康を考えて禁煙しているつもりが、タバコを禁煙していることで身体に不具合が出ているように感じてしまいます。

そうすると今度はタバコを我慢していることでこんなに辛い思いをしているなら、いっそ吸ってしまった方がイライラもおさまり仕事もちゃんとできるのではないかと禁煙することが悪いことのように考えるようになります。

ここで我慢できるか我慢できないか、というのはとても重要で、単純に失敗したらまた頑張ればいいと思っていても、一度妥協して失敗してしまうとそれ以後、禁煙をしようとしても同じタイミングで失敗する確率がかなり高くなってしまいます。

禁煙をする時は絶対に吸わない、絶対に禁煙するという気持ち、固い意志、忍耐や我慢といったことが必ず必要になります。