ニコチンが切れると様々な中毒症状が現れます。そんな中毒者向けの禁煙補助剤がチャンピックスです。

禁煙のススメ

ニコチン依存症の症状

ニコチン依存症の症状
禁煙治療薬のチャンピックスは、特にニコチン依存症に該当する方にとっては効果が期待できる薬となります。ニコチン依存症かどうかは、いくつかの項目に該当するかチェックを行うことで確認できます。

例えば禁煙しようと試みて、タバコの本数をいつもより減らし吸うのを我慢したときに、次のような症状が出ると、その可能性が高まります。

・イライラしたり手足の震えが出る
・頭痛を感じたり胃のむかつきを感じる
・眠気や頭痛に襲われる
・集中できなかったり憂鬱な気分になる
・食欲や体重の増加がある


これらの症状がニコチン切れが影響する症状となります。

タバコを止めようと試みたにもかかわらず、こうした症状に悩まされて断念したことがある方は、自分の意思だけでは禁煙が難しいケースがほとんどです。その為、多くの方が禁煙を試みて失敗してしまうのです。

成功率の高いチャンピックス

成功率の高いチャンピックス
禁煙に失敗しないためにチャンピックスを利用することが推奨されます。この薬はニコチンを含みませんが、ニコチンのように脳内に働きかけ、少量の快感を味わわせることで、禁煙によるイライラなどの症状を和らげ、禁煙の目標を達成しやすくしてくれるものです。

使い始めの1週間はタバコを吸っても構いません。タバコを止めるのは8日目からでいいのですが、もし早い段階で吸いたい気持ちがなくなれば、その日から辞めてもかまいません。

ただ、チャンピックスを飲み始めると、吐き気や頭痛、便秘などの副作用が現れる場合もあります。その場合は我慢して飲み続けるのではなく、禁煙外来の医師などに相談しましょう。

また、薬を服用してもイライラするなどニコチン切れ症状が出た場合は、水を飲んだりガムをかんだりして気をそらしたり、深呼吸をしてみましょう。

チャンピックスは70%以上もの禁煙成功率がある薬になります。
それは、チャンピックスを使用することで、タバコが美味しいと感じられなり自然とタバコが不要になるためです。

その為、ただひたすら喫煙を我慢するという禁煙方法ではないので、多くの方が無理なく禁煙に成功しているのです。