禁煙することでさまざまなメリットがあります。そんな禁煙にはチャンピックスが成功率が高くおすすめです。

禁煙のススメ

禁煙治療薬チャンピックス

禁煙治療薬チャンピックス 禁煙のための飲み薬としてチャンピックスと言われるものがあります。この薬は、非常に効果的とされており、70%以上もの成功率があるとされています。

他の禁煙方法では考えられないほど、禁煙成功率が高い禁煙方法なんです。

禁煙のメカニズム

禁煙のメカニズム チャンピックスには、従来の禁煙治療とは違いニコチンが含まれていません。別の方法によって禁断症状を抑えることにより、ニコチン切れに苦しむことなくタバコから抜け出せるのです。では、そのメカニズムは一体どういったものなのでしょうか。

そもそも依存とは、何らかの行動により脳内で分泌される快楽物質ドーパミンによって引き起こされます。一度その快楽を知ってしまうと、意思の力だけでは依存からは抜け出せなってしまうんです。

タバコの場合もニコチンが受容体に結合することでドーパミンが放出されます。 チャンピックスは、その受容体に先に結合することで少量のドーパミンを分泌し、同時にニコチンの結合を防いでくれるのです。

それによって、タバコを吸わなくてもニコチン切れの不安感やイライラ、集中力切れなどの症状を抑えます。また、タバコを吸ったとしても満足感が得られず、タバコがまずいと感じるようになっていきます。

つまり、タバコを吸いたいという欲求自体を抑えてくれるので、今までの禁煙治療のように我慢して意志の力で禁煙するのではなく、自然にタバコから興味がなくなっていくのです。

チャンピックスの作用

チャンピックスの作用 禁煙はしたくてもなかなかできるものではありません。それはニコチン依存症という病気になってしまっており、辞めたくても辞められない状況にあるためです。

ニコチン依存症は治療が必要な病気とされており、医療機関で治療薬を処方してもらうことで治療することができます。この治療薬がチャンピックスという飲み薬です。

チャンピックスの効用というのは、頭の中にあるニコチンを吸収しようとする場所がありニコチンが不足するとニコチンを求めてタバコを吸えという命令する信号を出します。

その命令をブロックして伝わらないようにするのがこの薬の役目です。チャンピックスは、新しい治療方法として実施されており、多くの医療機関で使用されるようになっています。

チャンピックスの注意点

注意点としては、医薬品なので副作用もあり、
人によっては吐き気や便秘、頭痛といった症状や、禁煙時特有の焦りや不安感などの症状が強く表れることもあります。

気になる症状が現れた場合は、服用を中止し直ちに医師に相談して下さい。
また、妊娠中や授乳中、腎臓疾患や精神疾患のある方には使用に注意が必要です。

チャンピックスの副作用

チャンピックスの副作用
禁煙の治療は、医療機関の禁煙外来で医師に吸気一酸化炭素濃度検査を確認し依存症と認められることで開始します。

飲み方としては、一定のルールがあり規則正しく飲まなければ効果が期待できません。飲み始めてすぐに気持ちが悪くなりはきけや頭痛といった副作用も現れることもあります。

その為、人によってはこの時点でタバコを吸うのを嫌になり止める人がいます。副作用が即、効用となる得るのもこの薬の特徴です。身長があり体重が重い人などは、薬のききめが芳しくないことがあるそうです。

その他の禁煙グッズ

その他の禁煙グッズ
チャンピックスは飲み薬ですが、貼る薬としてニコチンパッチがあります。
ニコチンパッチは、ニコチンを含んだ皮膚に貼るので人に気づかれず禁煙できます。

噛む禁煙の薬として、ニコチンガムもあります。ニコチンを含有しているガムで、口の粘膜よりニコチンが取り入れられます。

タバコが吸いたくなったときにいつでも使用できますし口寂しさも紛らせます。このように、比べてみると違いがよくわかります。それぞれの特徴を知って、どの禁煙治療にするか決めるのもいいでしょう。


禁煙のメリット

禁煙のメリット
喫煙中の方で、禁煙しようかどうか悩んでいる方が日本には多くいらっしゃいます。体に良くないものだと知りながら、ついついタバコを口にしてしまい、なかなか辞めることができていません。そんな方のために、今回は禁煙するメリットについてお伝えいたします。

まず一つ目は精神的にリラックスして安定した状態を保つことができるようになることです。その結果、イライラがなくなり、かつ倦怠感もなくなるという点が特徴です。

もちろん禁煙中にイライラしてしまうということはありますが、身体が必要としなくなれば、禁煙中のイライラはなくなります。

また、体力や免疫力が向上したり、がんのリスクを低下させることができます。
タバコを止めてから10年もすれば、非喫煙者の方と同等の確率にまでがんのリスクを低下させることができます。

逆に喫煙はそれほどがんのリスクが高まるということになります。健康で長生きしたいという方には喫煙はリスクでしかないのです。

肌や髪の毛への影響

肌や髪の毛への影響
喫煙はニコチンの影響で血行が悪化することで、ビタミンが不足しがちになります。その為、禁煙によってビタミンを体内にしっかり吸収できるようになると、美しい肌を取り戻すこともできます。

また、ニコチンは血行を悪くする作用があります。
その結果、頭皮にも悪影響を与えることになり、抜け毛が進行してしまう恐れもあります。 いつまでも健康で若々しい髪の毛でいるためには喫煙は邪魔者です。

また、男性であれば喫煙が勃起不全の原因にもる場合もあります。勃起不全が原因で自信を持てなくなったり、パートナーとの関係が悪くなるといったこともありますので、禁煙することでこれらを避けることが可能になります。

筆者のチャンピックス禁煙体験談

筆者のチャンピックス禁煙体験談 当時36歳の禁煙体験談
禁煙に関しての記事を見ていた時に偶然みかけたチャンピックス、その高い禁煙成功率に好感と興味を持ち、すぐに海外通販で購入しました。チャンピックスの特徴としては、お薬を服用し始めるタイミングでいきなり禁煙するわけではないので、とてもスタートしやすいという点があります。

タバコが美味しくない

チャンピックスを服用して最初の7日は通常通りタバコを吸って良いので気持ち的にはとても楽です。

服用方法というか用量がちょっと面倒で1日目から3日目までは0.5mgの錠剤を朝食後に1錠で4日目から7日目は朝食後と夕食後に1錠ずつ、8日目以降は1mgの錠剤を朝食後と夕食後に1錠ずつ服用することになります。

服用を始めて4日、はっきり言って楽勝、と感じていましたが5日目に身体に異変を感じます。いつも通りお昼を食べ、喫煙所でタバコに火をつけましたがタバコがおいしくないと感じました。普段食後の一服する人にとっては衝撃的だと思います。

そこから6日目も7日目もタバコは吸ってはいましたが、美味しいとは感じませんでした。こう感じさせることがチャンピックスの狙いらしく、効果的な理由が分かった気がします。

8日目から禁煙を開始し11日目、タバコが吸いたい衝動に駆られました。
ただこの衝動は、ニコチン切れというより口寂しさや手持無沙汰という感じで、飴を舐めたり外の空気を吸って気分転換することで、吸いたいという衝動から逃れるようにしました。

90日服用で成功率7割

90日服用で成功率7割
日数が進むにつれ、間隔は長くなりますが不定期にタバコを吸いたくなったのを覚えていますが、その都度別のことに気を取られればタバコを吸いたかったことを忘れることもできますし、気分転換などで誤魔化すこともできました。

その調子で60日目を迎え、キリも良いしもうタバコに気を取られなくなったのでチャンピックスの服用止めようと考えましたが、90日フルパックを購入していたので残しても仕方ないという気持ちで残りの30日分もしっかり服用しました。

それから吸いたいと思うこともなく、今では禁煙歴2年半です。

後に知ったのですが、チャンピックスの禁煙成功率7割というのは90日しっかり服用した上での話だったようで、60日だと約5割の人が再び喫煙者に戻ってしまう可能性があるそうです。

しっかり90日服用して良かったです。ただ効果的な事は間違いないのでチャンピックスは本当におすすめです。